映画『さよなら歌舞伎町』

9月3日(木)Blu-ray&DVD発売! 8月4日(火)レンタル&配信スタート!

スタッフ

監督:廣木隆一

1982年、『性虐! 女を暴く』で映画監督デビュー。田口トモロヲ主演による『魔王街・サディスティックシティ』(93)でゆうばり国際冒険ファンタスティック映画祭グランプリ(ビデオ部門)を受賞。翌年、サンダンス・インスティテュートの奨学金を得て渡米、『800 TWO LAP RUNNERS』(94)で文化庁優秀映画賞ほかを受賞。2003年の寺島しのぶ主演『ヴァイブレータ』では、第25回ヨコハマ映画祭をはじめ、国内外40以上の映画祭で監督賞ほか数々の賞を獲得する。その後、『余命1ヶ月の花嫁』(09)や『きいろいゾウ』(13)など精力的に作品を撮り続け、2013年の『100回泣くこと』が大ヒット後、2015年も『娚の一生』(15)、『ストロボ・エッジ』(15)と多数公開が控えている。脚本・荒井晴彦とのタッグは、本作で『ヴァイブレータ』と『やわらかい生活』(06)に続き3度目となる。

脚本:荒井晴彦

季刊誌「映画芸術」の編集・発行人。若松プロの助監督を経て、77年の『新宿乱れ街 いくまで待って』で脚本家デビュー。以降、『赫い髪の女』(79/神代辰巳監督)、『キャバレー日記』(82/根岸吉太郎監督)など数々の日活ロマンポルノの名作の脚本を執筆。以降、日本を代表する脚本家として活躍し、キネマ旬報脚本賞を、『Wの悲劇』(84/澤井信一郎監督)、『リボルバー』(88/藤田敏八監督)、『ヴァイブレータ』(03/廣木隆一監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)で5度受賞した。その他脚本を手掛けた作品に、『神様のくれた赤ん坊』(79/前田陽一監督)、『嗚呼! おんなたち 猥歌』(81/神代辰巳監督)、『遠雷』(81/根岸吉太郎監督)、『探偵物語』(83/根岸吉太郎監督)、『KT』(02/阪本順治監督)、『やわらかい生活』(06/廣木隆一監督)、『海を感じる時』(14/安藤尋監督)など。2015年公開の『この国の空』では監督を務めている。

name03

シナリオ作家協会シナリオ講座修了後、荒井晴彦に師事。1998年、ピンク映画『黒と黒』(98/新里猛作監督)で脚本家デビュー。主な脚本作品は『愛妻日記より~饗宴~』(06/緒方明監督)、『薔薇』(08/坂本礼監督、公開タイトル『や・り・ま・ん』)、『幸福』(09/坂本礼監督、公開タイトル『いくつになってもやりたい不倫』)『魔法少女を忘れない』(11/堀禎一監督)、『戦争と一人の女』(13/井上淳一監督、荒井晴彦と共作)などがある。

撮影:鍋島淳裕

主な作品に『死刑台のエレベーター』(10/緒方明監督)、『アントキノイノチ』(11/瀬々敬久監督)、『キッズ・リターン 再会の時』(13/清水浩監督)などがある。廣木監督作品には『ニュータイプ ただ、愛のために』(08)から携わり、『雷桜』(10)、『僕らは歩く、ただそれだけ』(11)、『きいろいゾウ』(13)、『海辺の町で』(13)、『100回泣くこと』(13)と数々の作品の撮影を担当する。

照明:豊見山明長

主な作品に『南極料理人』(09/沖田修一監督)、『毎日かあさん』(11/小林聖太郎監督)などがある。廣木監督作品は『きみの友だち』(08)、『余命一ヶ月の花嫁』(09)、『軽蔑』(11)、『きいろいゾウ』(12)、『100回泣くこと』と担当し、本作で6本目となり、来年公開の『娚の一生』の照明も担当する。

美術:山本直輝

主な作品として、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)の美術として携わり、『莫逆家族 バクギャクファミーリア』(12/熊切和嘉監督)、『私の男』(13/熊切和嘉監督)、『紙の月』(14/吉田大八監督)では装飾に携わる。廣木監督作品は、『だいじょうぶ3組』(12/*装飾)に続く2作目となる。

編集:菊池純一

廣木作品は『さわこの恋』以降のほぼ全ての編集を手がけている。周防正行監督『シコふんじゃった。』(91)と堀内靖博監督『悪友』(92)で日本アカデミー賞優秀編集賞、周防正行監督の『Shall We ダンス?』(96)と『それでもボクはやってない』(08)で最優秀編集賞を受賞。その他に高橋伴明監督『BOX 袴田事件 命とは』(10)などがある。

音楽:つじあやの

1999年にミニアルバム「君への気持ち」でデビューすると、2002年にはスタジオジブリ制作映画『猫の恩返し』の主題歌に「風になる」が起用されロングヒット。その後も、山下達郎の名曲「パレード」や奥田民生とコラボしたサザンオールスターズ「シャ・ラ・ラ」などのカバー楽曲を収録した「COVER GIRL」シリーズなどリリースを重ね、10周年となった2009年には2枚組・全30曲収録の企画ベストアルバム「つじギフト~10th Anniversary BEST~」をリリース、ROCK IN JAPAN FESTIVALやFUJI ROCK FESTIVALなど大型野外フェスへの出演や他アーティストへの楽曲提供など精力的な活動を続けている。

録音:西條博介

数多くの作品の録音に携わり、主な作品に『富江 アンリミテッド』(11/井口昇監督)、『アブダクティ』(13/山口雄大監督)、『鬼灯さん家のアネキ』(14/今泉力哉監督)、『マザー』(14/楳図かずお監督)などがある。廣木監督作品は、『僕らは歩く、ただそれだけ』(09)から本作で2本目の参加となる。

染谷将太 前田敦子

イ・ウンウ ロイ(5tion) 樋井明日香 我妻三輪子 忍成修吾 / 大森南朋  田口トモロヲ 村上 淳 河井青葉 宮崎吐夢 松重 豊 南 果歩

監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 / 中野 太

製作総指揮:久保忠佳 製作:藤岡修 プロデューサー:平田樹彦 成田尚哉 湊谷恭史 撮影:鍋島淳裕(J.S.C.) 照明:豊見山明長  音楽プロデューサー:安井 輝 音楽:つじあやの(スピードスターレコーズ) 主題歌:「Believe in love」 meg with SWEEP (Gambit Entertainment)  撮影技術協力:筑水キャニコム三輪駆動静香 撮影協力:HOTEL BRUGGE HOTEL ATLAS  制作プロダクション:アルチンボルドザフール 制作:ダブル・フィールド 助成:文化庁文化芸術振興費補助金  製作:ギャンビットハピネット 配給・宣伝:東京テアトル 宣伝協力:ミラクルヴォイススターキャスト・ジャパン

© 2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会

PAGE TOP